中古トラック・建設重機・農機具買取のことなら高額査定の株式会社関西トラックス(大阪市西区)へ

プライバシーポリシー
よくある質問
0120-391-619
06-4391-3341
受付時間 8:00~18:00(土日祝除く)
FAXのみ「24時間365日受付」
コラム
Column
関西トラックスHOME > コラム > 雑記 > トラックの買取査定でチェックされる重要なポイントとは

トラックの買取査定でチェックされる重要なポイントとは

カテゴリー:雑記

公開日:2019年8月26日

トラック

トラックの買取を依頼する際、多くの方が気にかけるのが「査定で重視されるポイント」ではないでしょうか。
予めトラックの査定の重要ポイントを把握し改善できれば、買取価格を数万円、数十万円ほどアップさせることもできるかもしれません。

もちろん、どうしても改善できない項目もあるかと思いますが、今回は日頃の心がけで対処できるポイントを中心に挙げてまいります。

そこで今回は、「少しでも高い査定額を目指したい」という方は是非当記事を参考にしてみて下さい。

トラック査定ポイント①・車台番号

トラックのタイヤ周辺
トラックの査定の際に必ずチェックされるのが「車台番号」です。
車台番号とは全てのトラックに割り振られた固有の識別ナンバーで、ほとんどの場合フロントタイヤの内側にあるフレーム部分に打刻されています。

この部分がフレームの腐食やサビなどによって一文字でも読めない状態になっていると買取不可能となってしまいます。
それだけでなく車検も受けられなくなる可能性があるため、ここは特に注意が必要です。

そうならない為にも、定期的にメンテナンスや洗車を実施するなどしてフレームを綺麗な状態で保てるようにしましょう。

トラック査定ポイント②・エンジンルーム

エンジンルーム
トラック査定における重要項目の一つが「エンジンルーム」です。
エンジンルーム内部全体の汚れ具合はもちろんのこと、エンジンオイルやミッションオイル・ブレーキオイルなどが古くないか、漏れていないかもチェック対象です。
他にはラジエーター駅の変色や噴出、バッテリー端子の腐食やサビなども査定基準になります。

そのため、日頃からエンジンルームの点検を徹底し、査定依頼を出す前にはオイルの交換や清掃をしておくことが大事です。
動作に不具合がある場合、メーカー保証が残っているなら修理に出す方がお得となるケースもあります。

また、修復歴の有無を確認するためにボンネットの立て付けや塗装の具合、パネルの接合部分などもチェックポイントとなります。
(ここはエンジンルームほど査定に大きく影響するわけではありません)

トラック査定ポイント③・運転席

運転席
清掃の行き届いた綺麗なトラックと汚れたトラック、どちらの方が査定に有利かは言うまでもありません。
もちろん、上記で挙げたポイントに比べるとさほど査定額に大きな影響はありませんが、対処しておくに越したことはありません。

例えばシートに溜まった食べカス等の汚れ、シミ、傷などが査定額にわずかでも響く可能性があります。
また見た目だけでなくニオイもトラックの査定基準となります。

普段から車内でタバコを吸われる方は、買取依頼する際には最低でも2週間程度タバコを控え、消臭を徹底するようにして下さい。

他にもハンドルやクラッチなど手に触れる部分も拭き掃除してあげるといいでしょう。

トラックの査定で納得したいなら関西トラックスへ

いかがでしたでしょうか?

トラックは他の一般的な乗用車と比較すると、状態や年式等に関わらず高価買取が実現しやすい車といわれています。
しかし、少しでも査定額をアップさせたいなら日頃の心がけを徹底することが大事です。

今回ご紹介したチェックポイントをしっかり踏まえ、取るべき対処を取った上で買取依頼に臨んでみましょう。

当社・関西トラックスでは現在トラック買取を強化しております。
気になる査定額も、他社のどの専門店にも負けない高額を提示させていただきます。

比較・相見積もり・査定交渉は大歓迎となっております。

まずは一度ご気軽にご相談下さいませ。
▶お問い合わせはこちらから